喪119の感想文

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!第119話の感想です。

ついに2年編も終わって春休みかと思えば、引っ張りますね。というかいくらでも引っ張ってもらっていいです、読者として。打ち上げをきっかけに春休みをクラスメイト取っ替え引っ替えで遊んでくれてもいいんです。それで1巻、2巻ぐらいあっても歓迎したいところです。

今回様々な良い小エピソードありましたが、一つを挙げるとすれば最終ページのお母さんとの通話終了と書かれたスマホの画面でしょうか。この一コマに込められたものに思わず涙がにじんでしまいました。

どうやってこの気持ちを表現したらいいのか、あえて表現したらチープになってしまうのではないかと思いつつ。

これってわざわざの塊だなとおもってます。もう今更ガラケーの時代のように連絡先の登録番号なんて関係なくなってると思うんですよね。最初に登録した人が1番で、たとえばダイヤルボタン押して1押したらすぐにその電話番号につながるみたいな。今は十字ボタンでカチカチするのでなく、名前で検索したり、あいうえお順をするするとスクロールしたり。

このコマであえて登録番号01であることを書くのは、連絡先の少ない人、例えばもこっちであれば1番目はお母さん、2番目は弟智貴くん、3番目はゆうちゃん、それで連絡先が全部。そういう人ってさみしいよね、自分は連絡先に何十人登録してる、クラス全員登録してるとかで顔の広い人アピール、みたいな一つのぼっちあるあるです。

でも、もこっちだって昨今は連絡先たくさんありますからね。田村さんや真子あたりに尋ねれば連絡網で引っかかる状態です。加藤さんも家電にかけたりとかしなくていい。連絡先が身内しかない、そんな状態から脱しています。だからこそ「登録01お母さん」ってあるあるネタはもはや過去のものです。ついに過去のものになったんだなと改めて思います。

あと01お母さんに登録されたママとの写真って、もこっちが小学生の時に撮られたであろうツーショットの写真。もこっちは多分これを大切に思って、フォトスタンドの写真をわざわざスマホのカメラで撮って登録したのかもしれない。

そんなもこっち、幼い頃、小学生頃を黄金時代と捉えてそこに執着してしまうもこっち。でももうそこから脱しようとしている、というか脱した。明確に脱して一歩踏み出している。その一歩を待つ2人、出向かえるように立つ田村さん、背を向けながらも距離を置かない吉田さん。その3人を脚だけのカットで描いてしまう。

特別編2、1年生の時のクリスマス会のエピソードを受ける形で、ここまで変わったというか、進んだというのがこのふたコマだけでも十分すぎるぐらいに描かれています。

他にも様々な心の機微が表現されていて、素晴らしいエピソードです。その中でもとりわけ最終ページのこのふたコマは心に迫るものがありました。

 

喪118の感想文

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!第118話の感想です。

誰しも驚くと思いますが、まさかの岡田さん主役回。

前回タイトルから今回はもう春休みぐらいなのではと思っていたので、まだ2年生のエピソードであることにも驚きました。

ワタモテはその初回から入学式以降およそ一月の時間を置いてスタートしているように、時間の経過にわりとドライだなと思っていました。

その一点、一点の風景を切り出すように描いていましたが、修学旅行以降時間の流れは緩やかで、前後編なども増え点から線の物語作りに変わったなと思います。

さて、今回の主役岡田さんですが、特に悪い子ではないだろうと思っていましたが、思った以上にいい子でしたね。今までの岡田さんの印象はもこっちの前では不機嫌だということ、元バスケ部で体育の授業でも真剣になる子。それぐらいでしょうか。

それが吉田さんのような体格のガッチリとしたヤンキーに物申す。これは勇気を振り絞るような感じではないので、なんなら勝負しても勝てると踏んでるように見えます。

もしかしたら2年生の間、吉田さんには結構思うところがあったのかもしれないです。このヤンキー身勝手なやつだし、もうクラス替えもするから一回きっちりとしておこうかという感じです。もはや岡田さんは根元さんと3年同じクラスで安心ということで、2年は終わったものとしているのでしょう。

それで一度もこっちを引っ張り戻すわけです、根元さんの友人として。そこで吉田さんと田村さんが解散しないというのが面白いです。横槍が入ったしじゃあ解散ってなってもおかしくない場面ですけど、2人できっちり待ってるのがいいですね。

案の定帰ってくることを見越してる。田村さんもいいところで吉田さんを止めるという役割が板についてきたというか、自然なポジションなんですね。

ともかく黒木さんは吉田さんの機嫌を損ねることをすぐにやってしまうので、とりあえず吉田さんの気がすむようにしてもらってから、よいぐらいでと止めに入る。考えて見たらめちゃくちゃ仲のいい友人です。ボケとツッコミみたいな役割分担ができてるなんて。

高校2年のおしまいでははっきりともこっちの周りには友人がいるし、その黒木さんに触れた人は誰でも妙な子だ、面白い子だと気がつくという流れです。

前回のお話でも、もこっちは周囲のキャラクター達を描くための物語の一部でしたが、岡田さんについてはもっと個人を焦点を置いて掘り下げられた感じがします。

岡田さん、根元さん、清田くん、そしてもこっちも原幕入学を気にデビューできると考えていた勢で、原幕はモデルとなった渋幕みたいな進学校でなく、そういう期待を産みやすいゆるい校風なんでしょう。

もこっちは受け身すぎで何もしなかったのでデビューはできませんでしたが、岡田さん、根元さん、清田くんなどは前準備などもあって高校デビュー成功した。成功したとはいえ、苦労はしてるでしょう、描かれてはいなくとも。

最初は同じ気持ちからスタートした人たちが、高校3年を経てどのような結果をたどるか、どんな関わりをもつのか、そんな物語になっていくのかなと思っています。

黒木智子の世代

智子も月日を重ねて成長していますが、智子の世代はその6年以上に及ぶ連載の間に移り変わりをしているように感じています。

ワタモテを初期から追っている人は例えば当時15歳の智子と同世代だったとして、今は21歳です。それぐらいの月日が流れているのです。

2011年に放映されたアニメといえば、魔法少女まどか☆マギカ、Tiger&Bunnyなどがあり、劇中でもゆうちゃんとまどか☆マギカのようなアニメの話をしていたり、第一話ではTiger&Bunnyのポスターを智子が部屋に貼ったりしています。

ワタモテの世界はたとえば2011年に固定されているかといえばそうではなく、その当時の流行に絶えずついていっているようにみえます。

例えば2017年のエピソードであれば君の名はやガーリッシュナンバーの名前を根元さんがあげていましたよね。これって結構面白いなと思っていますが、どうでしょうか。

智子が喪115(前編)で「陰キャラ」なんて言葉をつかったときなどびっくりしました。この世界には陰キャラもいるし、きっとイキりおたくといわれるような存在もいるんじゃないかと。そんな言葉2016年ぐらいのトレンドです。陰キャラなんて数年後にこの言葉を見てもすっかり忘れ去ってしまっているかもしれないし、定着しているかもしれない。

それは違和感として受け取る人もいそうです。初回から劇中2年たったのであれば2013年ぐらいでは?という感じです。

ワタモテの連載は続いていて、離れていく読者もいれば新たに読み始める読者もいます。

智子の倍以上の年齢離れている方もいるでしょうし、彼女と同年代、あるいは年下の読者もいるはずです。

ワタモテは、黒木智子は読者を映す鏡じゃないかなといつも思っていて、智子に共感する、過去や現在の自分を重ねる、だれか古い友人を思い出す、恋人のように好きになる。

思いは色々ある中でも、やっぱりその時の智子と同年代の読者を置いてけぼりにしない配慮がなされているように思います。

2011~2年のままでは作品世界の整合性などは保たれますが、同年代のあらたな読者からすれば古い話だなと思ってしまうでしょう。

ワタモテはこれは自分の話だな、って思う読者層は結構厚いと思っています。

最近では特に根元さんや清田くんのグループとの絡みが多く、コミュニケーションについて違和感、ついていけない気持ちそんなものを抱えた私自身の高校生時代を思い出しながら読んでいます。それは根元さんや清田くんがその時々の高校生らしい話題だとしても、全く違和感なく入ってきます。

智子と同年代や年下の方にとってはどうでしょう。Twitterなんかで年度の変わり目、3月や4月に「もこっちみたいになったらどうしよう」ってツイートを見かけることもあります。コミュニケーション下手で、クラスで孤立したらどうしようって感じでしょうね。

谷川ニコ先生は、ワタモテは常にあなたの物語でもある、という物語作りを続けているのではないかなと思っています。

現役の高校生でない私にとって今のワタモテがどう見えるのかは想像でしかありません。それでも作品世界のリフレッシュは常に行われていて新しい読者にとっても入り込みやすい、そんな感じだったらいいなと思うところです。

 

喪117の感想文

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!第117話の感想です。

もこっち稲毛だったの?というそんな驚きからスタートした117話。誕生日だけでなく住所まで不明になってしまった……。

そんなところに注目すべきではないぐらい盛りだくさんな内容、実質田村さん、根元さんの主役回ですね。小宮山さんもですが、小宮山さんはもこっちの物語からは独立してるから幕間みたいに捉えています。

とはいえ、小宮山さんと伊藤さんの2人きりの会話の2ページなんか濃厚ですよね。私は小宮山さんのことが好きなので、ほんとうにこの2ページが輝きます。

小宮山さんにしてみれば、高校に入って初めて優しくされた、って感じなのかもしれません。それはもちろん伊藤さんにしてみれば意外な反応だったと思います。報われるってことでは、今江先輩の着ぐるみぐらいの感覚なんでしょうね。

自分のために音楽を演奏してもらえるなんて非日常で特別な出来事です。しかも愛するマリーンズの。

なので今回の個人的ベストシーンは「私 伊藤さんと友達でよかったよ…」の「よ…」の部分です。智貴くんと一緒にいる時よりもわざとらしくない少女っぽく、自然に頬を赤く染めて。

惚れたな?

今回はもこっちは脇役というか、特に自分からアクションを起こしていないのに物語を回す役割ですね。もこっちが主役でない回は何度かありましたが、周辺の登場人物が入れ替わり主役になる。

うっちーと田村さんの電車での話は無茶苦茶です。もうキモいとさえ言わないうっちー。何に突き動かされてるのか全くわからないし、実際どんなシーンを描いているのかもわからない壊れっぷり。

あまり本編と関係ないですが、通勤通学時間帯で東京方面から千葉へ向けた京葉線下り方面はうっちーの席の隣が空いてるぐらいの感覚で、逆に稲毛からの上りについてはもこっちと密着してしまうぐらいの混み合いというのは実際そんな感じでした。

南さんとの絡み、これは南さんの性格悪さを描いてるのかなと思うところです。実際どれぐらいのものかは読み取れませんが。ただクラスで静かに過ごす人族にとっては、こういう場面は思い当たるところありますね。

もこっちは「歯、矯正すんぞ」と言ってしまうわけですが。もしかしたら実際これまでも実は内心の声でなく実際に発声していた?あるいは根元さんとランニングした後の「殺すぞ」みたいな感じで、何気なく空気に打ち解けてきたのか。そういう変化があるのかもしれません。

田村さんがそれを聞いて思わず吹き出しそうになる、この下りはいろんな意味が読み取れます。これは田村さんとしてはもこっちを洞察によって知り尽くしていると感じていたところに来た意外だったのでは?と私は思ってます。

田村さんとしては、自らが達観キャラだったわけです。クラス全員を見通している、見透かしている。だから別に誰とも友達でなくとも良い。もこっちは子供っぽい単純バカというかボンクラとして捉えていたけど、わりと尖ったキャラクターなんだなと突然知って面食らってしまったのでしょう。

こういうの面白い。ついにもこっちの面白さが発見されてしまった。

田村さんとしてもこっちを観察の対象にしたのは修学旅行以降です。ただ私たちは第1話からもこっちのことを知って独特だけど面白い子だとおもっていたわけです。でも修学旅行以降の半年以内でもこっちのことを発見してしまった。読者に言わせればぽっと出です。たしかに田村さんは洞察に優れているのでしょう。

そう考えた上で根元さんのエピソード。これは明確にもこっちを第1話以前からしっているレギュラーキャラクターだったってことですね。

だからたいして関心もなく、単に1年生から一緒のクラスなだけの清田くんがモノマネに空笑いするのは腹立つけど、どことなく根元さんのモノマネは許してしまう。

「うぇーい!やったね」の見てたぞアピール、あれは学食でアニメの話を持ち出したもこっちへの意趣返しみたいなものと捉えることができます。もこっちの根元さんに対するお前のことをしってるぞってアピールを受けて、もっと前から知ってるぞ、入学前からしってるぞって、そういうことかもしれません。

ことその事においては、もこっちは根元さんのニワカなわけです。清田くんがもこっちのニワカだったように。

今後もこっちと田村さん、もこっちと根元さん、どんな関係になるのかな。これからの展開がとても楽しみです。

喪116の感想文

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!第116話の感想です。

ちょっと予想外の卒業式の裏話、そして智貴くん主観のお話。

保護者から見た喪115話。そして話数のカウントも116と進み、またワタモテの時間が流れ出したなと不思議な安心感がありました。

単行本のオマケエピソードみたいだなという感じで、ちょっと変わった回でもあります。

うっちーはいくところまで行った人がさらに深淵に行ってしまった結果セミになる衝撃的なコマがありました。ここで今回変わってるなと思うのは1コマで智貴くんとうっちーが同時に内側の声を発してるところです。

こういうのはページ数に合わせて表現の手数が圧縮されてるのかなと思います。みんみん鳴くセミみたいに書き文字できもいきもいとか言ってるのは、そういう表現の圧縮を逆手に取ったみたいな変化球ギャグだなと感じました。1つのコマのギャグ密度が濃く、読者にとって忘れがたい一コマでしょう。

物語自体が前回、前々回と引続くもので前振りが入らないので、各々のエピソードが圧縮されていますが、ギャグとして回収できていたり、田村さんの新たな発見を生んだりしています。観察眼するどい田村さんとしては、黒木さんを見ている男の子がいることを知ったけど、これがどのように今後つながっていくのかはわかりません。うっちーが姉弟だと見抜いたというお話、あれと関係あるのかどうなのか。

前回とても”いい最終回だった”的な大きく心動く展開でしたが、あくまで智子にとって大きなイベントではあっても大きな変化ではない。智貴くんが変わらないうざさはあるが、って落としていますけど、これが全てですよね。

これは智子のなんでもない日常の物語。でも日常というものは大きなものでなくとも成長や変化をもたらすものです。

これを読んでから喪4を読んでみてください。ブランコに座る智子をみる智貴くんと喪116の智貴くんは同一人物です。2年の月日と姉弟の成長と変化を感じます。今回の智貴くん、物語中で一番良い表情をしているように思いました。

そして私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!の作品の世界もまた成長していると感じられるところでした。

喪115(後編)の感想文

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!第115話(後編)の感想です。

全部があったなと、このエピソードにワタモテの全部があったと感じました。

これまでの115話全てを読み、アニメの1シーズンを観、愛してきた読者として最高の一話でした。

一読者にすぎない私の事情として人とのコミュニケーションが得意でなく、こちらから声をかけたりできず、寂しく感じたり、疎外感を味わうなどそういった十代を過ごしてきました。そのような経験の積み重ねがもこっちと自分を重ね合せる最大の理由です。

そんな気持ちが、すべてこの一話によって満たされた、受け入れられた。だから全部だなと思うのです。

今江先輩は喪20で現れ、まるでそれまでの19話全てを読んできたかのように、もこっちの孤独や疎外感を受け入れ、暖めねばと感じたキャラクターです。それが喪21の着ぐるみエピソードで、アニメでも大きな山場として、読者視聴者の心を確実に掴んだお話だと思います。

あれは読者の視点に近くて、もし作中のキャラクターを思い通りにできるならもこっちをハグしてあげたい、そんな気持ちの代弁者だと感じていました。

ハグしてあげたい、そんな気持ちで喪21を読んでいたあの頃の私に、ワタモテも100話を超えてクラスメイトに友達もできて楽しそうにやっているよって現在の私から伝えたとしたら、ホッとした、辛い展開になってなくて良かった、これからも安心して楽しんで読めそうって言うと思うんです。

今江先輩もすでにもこっちにはクラスメイトに友達もいて、楽しそうにやっていることをしっているので、もはや代弁者ではなくて、本当の意味で同じく安心して喜んでいるのかなと思います。

お互いが名前を名乗るのも、曖昧であったアイデンティティーの独立という気持ちがします。

今回は異例なぐらい起承転結のはっきりしたドラマがあるお話です。それは今江先輩がどうやってもこっちの現状を喜ばしく受け取るか、といった話であるとともに、もこっちのクラスメイトたちがまるで私たちの代弁者のように振る舞います。

吉田さんがもこっちを今江先輩の前に強引に引っ張り出し、今江先輩と二人の時間をつくり、そしてようやく何かを受け取り感情をあらわにするもこっちにティッシュを差し出す真子、それをそっとしておいてやれと静止する田村さん。

全部だな、全部が全部、私の寂しさや疎外感などでもこっちと重ね合わせてきた自分を抱きとめて受け入れてくれたんだなという、そんな気持ちをすぐに言葉に表したくて、この感想文を書きました。

喪115の感想文

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!第115話の感想です。

いつからか、5~6巻ぐらいからいつか来るのでは、と思っていた2年の卒業式回。

思いもよらず修学旅行からこっちが長かったようにも思え、もう一話ぐらい挟まるのかな、と思ったりしていました。

心なしか物語の節目のように感じて、来るのが怖かった回と正直に言ってもいいかもしれません。

今江先輩の話となると、なぜこんなにも心が乱されるのか。

今江先輩って、なぜかもこっちのことを知っていますからね。なぜなのかはわからないですが。それでぎゅっとしてあげたいという気持ちがシンクロしていたように思ってます。

なので前回の卒業式回から思うと、今江先輩が卒業しちゃったら、本物のぼっちになってしまうんじゃないかという恐れ。それはでも物語が覆してしまって、それをもこっち本人が自覚している。

卒業したいだって?その気持ちわかるよ、もこっち。今が一番いいなら、そこで一抜けしたいよね。何遍もそんなことを思ってきたし、今この時だってそう思っています。

でも私としては、ワタモテで心動かされるのは、そういうのじゃないって思いました。隠さずに書いてしまいます。

もこっちは乾いてますからね、そういうところが好きでいままで来たので。他人のために流す涙なんかなく、全員で一つの気持ちになるなんてことは半笑いでスルーして来た、そういうところが似てるなと思っていましたので。

ここで今江先輩に心揺さぶられて、なにか熱いものを受け取ったとしたら、何かが変わってしまいそうな気持ちです。

物語が続いたとしても、もこっちの言うとおり、この後にマイナスしかない気持ちになってしまうかもしれない。そうはならないことは、谷川ニコ先生が今まで証明してきたことなので信じてはいます。が、ひと時でもそう言う気持ちになるのは悲しいなと思ってしまう。

こういう回が、来るんじゃないかなと想像したり身構えたりしていましたが、来たなという感覚です。ただ、前編です。後編がどうなることかそれはわかりませんからね。

なので喪115を読んだ直後の気持ちを、スナップショットのように残しておきたく、感想文と呼べるかどうかはわかりませんが、書き残しておこうと思います。