喪123の感想文

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!第123話の感想です。

バラエティ豊かな智子をとりまくキャラクターたち、そこに智貴くんとのシナジーをいきなり投げてくる谷川ニコ先生。

私はもうちょっと貯めてから投げ込んでくると想像してたので、意外性があり、また面白かったです。

シナジーというより初顔合わせ的なものじゃないかと言えるかもしれませんが、実際に作用のようなものは思いっきり発生してますからね。主に小宮山さんについて。

二年生の時の辞書借りに行ってやるからな!と比較して、あの時の智子の邪悪な笑顔はなんだったんだろうと。ついに高校の中でも上に立てる人が現れたことについて喜んでいた(?)のかもしれません。

今は上から接するということにこだわりなく、フラットに接する人が増えました。といっても智子の中では軽く見下しているところはあるように思いますが。実際に下に見ている小宮山さんと同クラスになったことによる効果は見過ごせないところでしょう。

上に立っていると思いこんでいる時の智子は言動が普段のおどおどしたものではなくなるし、傲慢で第三者からの見た目はよくないはずですよね。小宮山さんを普段通りに煽りまくる智子をみた田村さんや真子、吉田さんは果たしてどう思うのか。仲よさそうだな、あの二人って思うならそれはそれで面白い。智子と小宮山さんは中学時代からの腐れ縁ですから、外からとやかく言われることではないと二人とも思うかもしれません。

今回は智子がその場にいないことで、そういう事柄を先送りにしているようには感じました。前哨戦ということで、その日が来るのを楽しみにしています。

ディズニーへ行くことをはにかみながら楽しみにする吉田さん。はにかむ吉田さんという大サービスかつディズニー遠足フラグを立てて行く、なんて欲張りなんだろう。個人的にはここが一番良かったんです。智貴くんのヤンキー観を含めて。コゾーか?ってせりふが良すぎ。

うっちーの奇行、ポテンシャルさん(仮名)のアスリートのごとき熱意、もはや普段通りの小宮山さん。ねーちゃんの周りには変な人しかいないのかって、わずか数分の間に出来事が起こりすぎですね。こいつって意外と普通なのか、ってかなり重要な締めくくりです。ある種のマイルストーン的出来事というか。

ただでも、一言言わせてください、小宮山さん好きとして。そこまで引かなくていいじゃないか、伊藤さん。恋する乙女をドン引きしないで。伊藤さんそこまで小宮山さんの智貴くん関連の奇行見てないじゃないか!私たち読者とは違って!

と書いて思ったんですが、廊下で軽やかにバレエやってるぐらいだから、伊藤さんのまえでも夢の中みたいに過ごしてたんでしょうね、やっぱり伊藤さん無罪、ノットギルティということで結論が出ました。

素敵なTweet集3

Twitterで拝見した素敵なTweetへのリンクです。

 

素敵なTweet集2

Twitterで出会った素敵なTweetへのリンクです。