ライト姉妹16話の感想文

コミック電撃だいおうじ連載中のライト姉妹、第16話の感想文です。

カイジだ。

そうなって当然の缶詰展開だろうなと思っていましたが、不穏さがテーマになってしまいました。おねいちゃんの怖さを見せつけていく感じです。

ペリカ制度をとるだけマネージャー(編集?)としては優しい、けど奏愛ちゃんが今まで受けてきた優しさとは全く別の世界です。

けど前もって入念に準備されているし、類語辞典とかも。長期間でも監禁していられるプランがきっちりとできています。

以前これはおねいちゃんがうまく生活習慣をマネジメントして、奏愛ちゃんが二学期から中学生として復帰するような物語の流れなのかなとか思ってましたが、プロの作家とは何かというのをおねいちゃんが説くあたりどうやら目指す先は違うのかもしれません。

夏休み最後の二週間が監禁状態で二学期から学校に戻るなんてありえない。でもこれは逆に厳しくされたことによってむしろ学校がいい、となるかもしれないし。ウィークリーマンションに行くぐらいなら学校へ行きたい。

でもおねいちゃんはどうやらそういう人じゃないなと、わかる回でした。

これで環季ちゃんも佐藤さんも、当分?次回は出てこないのか。あるいは原稿上がったというところから次回スタートするのか。

やっぱり先が読めないのはいいところだと思います。

奏愛ちゃんには圧をかけていったほうがいいのはおねいちゃんと同意見です。

本物のおねいちゃんをみた、そういう感じです。

なんとなく思いっきりネタバレ感想文ですが、もっとたくさんネタがモリモリなので是非だいおうじを買って読んでください。

私たちん家へ、のあたりとか最高に笑いました。

コミックウォーカーでも掲載開始です。こちら現在最新話から一月遅れで掲載されているようです。15話です。

https://comic.pixiv.net/works/2567

だいおうじPixivでは13、14話も読めるし、コミックウォーカーで15話も読める。

そして16話はカイジ。来月のコミックウォーカーの更新が楽しみですね。

 

ライト姉妹第15話の感想

コミック電撃だいおうじ連載中のライト姉妹、第15話の感想文です。

さて前号に引き続き、少しは成長した奏愛ちゃんのどこか抜けてるとはいえ頑張る夏休み。今回はプロット編、って思った?残念!というぐらいの肩透かしを食らう幕開け。

本気でそういう展開を心の中で求めてたんですよ。しかし思ってたようになるわけもなく。作者は谷川ニコ先生なんだぞ、気を引き締めろって感じです。

そしてまさかの水着回。早くて次号ぐらいだと思ってた。なんとかおねいちゃんをプールに引っ張り出そうとする環季ちゃんの奇策、執筆の合間のハプニング回。そうはならなかったことについて言及しても仕方ないですね。

奏愛ちゃん、奏愛ちゃんに戻っちゃんたんだ。人前に出るのにも抵抗なさそうでもありますが、これまでと同じ奏愛ちゃんの物語だった。

前回「次回、まっすぐに直線で完成を目指していくのか、なにかまた後退するのか、停滞するのか」と書きましたが、やっぱり後ろ二つだった。

今回サービス回ですよ、水着回です。奏愛ちゃんのお団子頭も見られるし。

なのでライト姉妹のファンはだいおうじ今すぐ電子書籍で買ってその目に焼き付けるべきだと思います。

佐藤さんも登場、奏愛ちゃんのクズさ爆発してる。佐藤さんもいずれ奏愛ちゃんのおかしさに気がつく日がくるのでは?

そしてついに本当のおねいちゃん登場!怖い。

次号の展開は読めます。いや今回のこともあるしわからないですけど。地獄開始って感じだろうなと、さすがに次回については予測がつく感じです。

おねいちゃんの活躍に期待しつつ、次号を待ちたいと思います。

だいおうじピクシブで13話まで読むことができます。

ライト姉妹第14話の感想文

コミック電撃だいおうじ連載中のライト姉妹、第14話の感想文です。

漠然とした野望から随分具体的にものが進むようになって、物語が前に進むようになって、本当に嬉しいという、まずこの気持ちは書いておかないとと思いました。

ライトノベル作家を目指す物語としては通るべき当たり前の道なのだと思いますが、おねいちゃんもかなり具体的なスケジュールとプランを練っていますね。

今回のはアイデア出しに止まるわけですが、おねいちゃんとしては先回りをしている雰囲気が出てるなと実感します。

一時期はこのまま姉妹でイチャイチャしながら過ごすのかなと思っていましたが、まずはおねいちゃんの成長があったのだなとしみじみ思いました。漫画喫茶にいって有名どころの漫画で心揺さぶられたりして、変わったのでしょう。

土下座して謝って、とか奏愛ちゃんがいってたころに比べて、今回のおねいちゃんの脅し文句は単に要求を押し込んだだけという感じです。

現実の厳しさを思い知らせてあげないと、という方針は変わってはいないです。それは単に甘えたらひっぱたくというレベルを超え、この作品投稿までに時間をじっくりかけて作品を完成させて、そこからの現実をみせていくという方針なんでしょうね。

方法が具体的になると環季ちゃんも俄然話に乗ってくれるようになります。もちろん先人として心得たやり方を教えてくれるわけです。わけですけど、このキーワードのチョイスかなりおかしくないですかね?環季ちゃん?ちょっとおかしいよ?そんなキャラになってしまったのかい?

佐藤さんは、超かわいい。優等生無垢キャラで、奏愛ちゃんのファン。どこかの僕っ子が鳥かごを離れてダメな方に飛び立っていった今、この子だけはこのままでいてほしい、そんな癒しキャラです。

そばにいる人に褒めてもらえるとモチベーションになるっていうの、なろうぜで二刀流にお義理でつけてもらった点にくらべれば遥かに奏愛ちゃんの心を動かすはずです。

アイデアノートの50番、これを見た時に、これをどう書いていくのかというのが一気に期待が膨らみました。話の芯ができたかなという感じです。読者として心を揺さぶられました。じっさいこんなラノベがあるのなら読んでみたいですね。奏愛ちゃんとしても、一番得意そうな分野です。

しかし次回、まっすぐに直線で完成を目指していくのか、なにかまた後退するのか、停滞するのか。じゃじゃ馬奏愛ちゃんと、それの手綱をひくおねいちゃんの駆け引きを楽しめたらいいなと思いました。

ライト姉妹第13話の感想文2

コミック電撃だいおうじ連載中のライト姉妹、第13話の感想文です。

一度書いたような気もしますが、もういっぺん書きます。当時は気持ち的に飽和していたので、飽和してる状態ものちのち読み返すことがあれば興味深いので、置いておきます。

巻頭カラー部、奏愛ちゃんはもう毎晩ラノベ読んでもらいながら添い寝してもらってる感じですね。とにかく甘やかせ過ぎですけど、こうやってベタベタしてる二人はいいです、秘密のお花畑感ありますね。語られる内容は時事ネタを交えた酷い内容ですが。

本編にシームレスにつなぐのかと思ったら、巻頭カラーページは独立した感じです。

ライト姉妹って作品自体ラノベやなろう関係のあるあるで2~4ページで落とせる漫才的なフォーマットがあるので、幕間の物語というのはいくらでも想像できます。

モノクロの本編ではおねいちゃん、動くって感じです。なんと無理やりでなく、奏愛ちゃんのモチベーションアップに自ら乗り出す。こんなことすると奏愛ちゃんはますますプロのように振舞って逆効果になりそうですが、今回はおねいちゃんの術中、策って感じです。

最初からはうまく行かないと確信しているおねいちゃんですが、思惑は功をそうするのかどうか。

8/31締め切りっていうのもわけがありそうですね。実際夏休みが終わる日です。あの定期的なまともな生活スケジュール、ラジオ体操。

だいたいヒキコモリの一番抜け出しにくいところは、その無茶苦茶な生活や昼夜逆転ですが、今回のスケジュールはそれの矯正を狙ってない?ってところです。この予想はどうなることでしょう。

環季ちゃん、なんか女の子なのにボーイッシュを通り過ぎておねショタてきなポジションに納まろうとしている?それはそれで楽しみではありますが、一番作家に近いというか、曲がりなりにもプロの作家なのにそういう雰囲気がどんどん希薄に。彼女は物語にどんな役割を持つのか?

佐藤さんも水樹家にしょっちゅう出入りしているようで、奏愛ちゃんにも友達と認識されています。

前々回、奏愛ちゃんは佐藤さんに社会的に殺されてしまったわけですが、それでラノベ作家になるのを償うように手伝いたいと申し出ています。人の噂も75日、ということで45日あと夏休みが終わる頃には奏愛ちゃんの人権も幾分回復しているはずです。

何もしてなくはないでしょ、っておねいちゃんの言葉はおねいちゃんなりに色々させてやってるという気持ちがあるからかもしれません。

作中なんども語られていますが、ラノベ作家は兼業が多い。奏愛ちゃんもヒキコモリ状態から脱しつつ、中学生兼業作家をめざし、それでワンチャン新人賞に入選すればいいというおねえちゃんの算段が見えた気がします。

それがどう運ぶのか、奏愛ちゃんにしてみればラノベ作家になればますますヒキコモリの道を邁進できると思っているでしょうし、ヒキコモリを脱しないためにはなんでもするという感じもします。

おねいちゃんは奏愛ちゃんの手綱をどうとるのか、あるいはどちらが物語を引っ張るのかはこれからが楽しみです。

そして、コミック電撃だいおうじで最新のライト姉妹を読みましょう。今月からでも遅くない!

ライト姉妹単行本1巻発売とか色々

2017年4月27日、ライト姉妹、ついに1巻発売です。

およそ1年連載で最初の単行本。体感ではスローペースで始まったように感じていたのですが、それは第0話の印象からかなと思いました。単行本では野望4として収録されている短編です。

結構最初から飛ばしてますねって印象です。改めて読んでストーリー漫画してるなと思いました。姉妹の会話で、奏愛ちゃんのクズでオタクな発言と、辛辣な言葉を奏愛ちゃん以外にもラノベ作家やなろう投稿者へ向け、あるあるなのか、喧嘩を売っているのかという、そういうミニマルな繰り返しではなく、前へ前へ進んでいる漫画だなと思います。

発売当時はWEBで連載されるとも思っていなくて、このかわいい奏愛ちゃんと、ファンとの出会いの場は単行本発売まではだいおうじのみに限られていて勿体無いなと思っていました。その後の展開でだいおうじピクシブでの連載を読んで谷川ニコ先生の漫画に初めて触れる方もいらっしゃるようです。

かわいいキャラクターがびっくりするようなエグいことを、という作風で、可愛さの方も思いっきり振り切ったのがライト姉妹。姉妹をとりまくかわいいものまみれの世界は、最初から私の心を掴んで離しません。

ストーリーの展開も早く、かわいく、今一番期待していると言っても過言ではありません。

一巻が発売されて、いろんな人がこの表紙に惹かれて手に渡っていくのを想像するのは楽しいことです。

IMG_0672.JPG

地方在住でコンプってわけには行かなかったですが、ちょっと自慢させてください。どれもかわいい中で私は中学校の制服を着た奏愛ちゃんの色紙、とらのあな特典が一番好みです。色紙にサインペンで書いたようなライブ感があります。

電撃大王にも出張版が掲載されまいた。これは事前にほとんど情報がなくて、唐突にって気持ちで、単行本発売と同じ4月27日に入手しました。

いきなり電撃大王批判というか、そんな一言から入る、短編です。

リアルな話ばっかりしてる、ラノベ作家 クズで検索してみれば?とか、そんなセリフ、OKなのがいいですね。自由だ、自由にできた方がきっと名言が生まれるのかもしれない。

ライト姉妹名言集は確実に作れます。というか、単行本一巻がライト姉妹名言集です。

先月の電撃文庫マガジンの出張版、電撃大王の出張版、どちらも2巻に収録されたらいいなと思います。

本編のどこに挟んでもきっと面白い。だいおうじVol.43と出張版2編で、短編集という感じで一話になるのかなというそんな感覚です。Vol.43の本編が短くてちょっと寂しく思ってたのですが、ようやく一話分のピースがそろったなという感覚です。

是非一度、だいおうじピクシブでお試しで読んでもらって、気に入ったら単行本を手に取ってもらったら、第0話からの読者としては同志が増えたととても嬉しいです。

https://comic.pixiv.net/works/2567

ライト姉妹13話の感想文

コミック電撃だいおうじ連載中のライト姉妹、第13話の感想文です。

まずはじめに言っておきたいことがあって、コミック電撃だいおうじVol.44を買いましょう。

本屋さんにはなくとも、電子書籍で購入できます。Kindleとか、そういうやつです。

この表紙を見ずにライト姉妹を語るなかれ、そう言いたい。

最高すぎないですか?私は谷川ニコ先生の画集が出てほしいとずっと思ってる人なので、MAX最高です。おそらく予告編的な0話から14回だいおうじを買っていますが、報われました。毎回面白く感じてるから報われるも何もないんですが、ふとっぱらにもネットで読める漫画ですからね。

さて、巻頭カラー!まぁかわいい。ちょっと感想が溢れて出てこない。オタク用語でいうところの「待って」です。うまく言葉にならないのでコミック電撃だいおうじVol.34でもライト姉妹の表紙がカラーで見られることをお伝えして、本編に移ります。

モノクロのストーリー部分ではお話が進んでいくので、ごく短編でいつもの姉妹のミニマルなやりとりをするのと、複数人数でストーリーが進んでいくのと、組み合わせがいいなと思えるようになりました。

http://makuhari-baytown.info/caferestaurant/cafecolorado/

↑聖地です。

ここでチョコバニラワッフルを食べて、はぁーってなりたい。奏愛ちゃんの気持ちになれますね。

さて、締め切りが近い新人賞に応募するという王道の展開。話流れてる、そして期限を切ったことでさらに流れが加速する予感がする!

なぞの黒幕と化すおねいちゃん。一体何を狙ってるんだろう。でも明確な目的意識で行動してるのがいいですね。もし落ちたとしても価値があるというところにも目ざとい。そもそも頭がいい人ですから知略が巡って野望が動き出したというところでしょう。熱い。

環季ちゃんも登場。そして環季ちゃんも安心の水着回への伏線も貼られました。

佐藤さんもまた登場。夏休み遊びに来るってどんな話になるのだろう。

一気に動くなとキャラクターも物語も。

そしてまた次月は短編集の回とかでも良いです。いろいろキャラクターも動いてくれそうで、期待が止まりません。

連載一年経っても、おねいちゃんの身の上については一切わからない。

でもそういったお話の作り方は、私は好きです。奏愛ちゃんを観察する目を共有できる。ナンバーガールの先生もそうですね。

かわいいヒロインを読者に近い立場から観察してツッコンでいくキャラクターとしていてくれてもいいし、もしかしたらおねいちゃんの背景にある物語が急に展開し始めるかもしれないです。どうなっても楽しみです。

ちょっと色々あって、脳がやられているので、言語がおかしい。

色々って、ライト姉妹の一巻発売、そしてだいおうじの最新号、電撃大王の出張版、ワタモテの一挙ニコニコ生放送、クズとメガネと文学少女(偽)の連載。飽和しております。

多幸感にやられて、あろうことか谷川ニコ先生ご本人のTwitterアカウントに新刊発売後30分でmentionを送ってしまうぐらいのものです。お忙しい中を1ファンがお騒がせをしてしまいました。

チョコバニラワッフルをたべてはぁーってなってる奏愛ちゃんみたいな状態でした、カフェコロラドに行かずとも。

だいおうじピクシブではなんと二話分を更新され、第11話まで読むことができます。

佐藤さん初登場回で、コミックス収録の次の回からです。なんという大盤振る舞いでしょうか。

でも、冒頭に述べたようにコミック電撃だいおうじVol.44は買わないと損をします。買いましょう(いつもの閉め)

 

ライト姉妹出張版の感想文

電撃文庫マガジン2017年5月号に掲載されたライト姉妹出張版の感想文です。

前回電撃だいおうじの本編が4pということもあり、今回の4pと合わせてようやく飢えたライト姉妹欲が満たされたという気持ちです。

でもこの出張版、だいおうじ掲載ではないですし、pixivだいおうじに掲載されるのかな?されないんじゃないかな?

4/27の単行本1巻に特別編として収録されるんだろうか。特別編と言っても本編と一続きの内容です。わざわざ表記しなければわからないでしょうね。

この出張版のために普段買わない電撃文庫マガジンを購入し、買ったぞと言わんばかりこれ見よがしに感想文を書こうという、それぐらいのファンもいる、いたという記録になればいいです。

3p目の二人部屋に寝転んでライトノベルを読んでるコマは、紛れもなくキービジュアルそのままで、とても良いです。本当に奏愛ちゃんがおねいちゃんといちゃいちゃしているの好きすぎる。

奏愛ちゃんの発言のダメさ加減、クズ可愛さも伝わったことと思います。ストレートすぎるあるあるネタじゃないんでしょうか。

ライト姉妹の魅力やストーリーが全部4pに詰まっているので、これを読んで面白いなと思った電撃文庫マガジン読者はだいおうじも読めばいいと思います。

電子書籍で全部バックナンバーが買えるし、4月27日に単行本も買える。本当にこの時点でライト姉妹と出会えた方は幸運だと言わざるを得ません。両方買いましょう。

まだ買ってないライト姉妹のファンは、他にも面白いものがたくさん掲載されている電撃文庫マガジンも買いましょう。