喪114の感想文

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!第114話の感想です。

絶対来るだろうと思っていた③。ついにうっちーがもこっちを探して原幕校内を地獄めぐりするモノローグ回か、と思いましたが、あっさりと翌日のお話。

田村さんって本当にこういう馴れ合いみたいな付き合いをしない子なんだなと思ったのが最初の印象です。真子に対しては違うかもしれませんが、友達にチョコを配るなんて昔からあったものではないですし、そういうのに乗っかることをしない子なんだなと思わせられます。

言ってみれば付き合いの悪い子、無理するぐらいなら一人の方がいいやって感じです。こういうのって突き詰めたらもこっちが変えたのかな?それなりに修学旅行編がきっかけっぽいですね。

吉田さん、超吉田さんって感じです。やっぱり人を寄せ付けないぐらいの雰囲気の人なんですね。言葉だけじゃなく、態度も粗暴。机蹴り倒すなんて私は学校で見たことはないので、ガチヤンキーキャラ。机の中にうんこ型チョコ入れられた人もみたことはないんですけども。

もこっちのことをクソガキというのは全く正しい物の見方、捉え方だと思います。田村さんもバカってはっきり言ってますけど、それこそもこっちの真価です。

私はもこっちのどこが好きかと聞かれれば、バカでクソガキなところです。もはや大人しい地味な子ではなく、きっちりバカでクソガキと捉えられていること、これは大切です。正しく受け入れられたということです、おめでとうもこっち。

これは悪口ではなく、本当のことですよ。物の見方や行動の変わった人って、いじられるとかはあることは確かですが、見いだした人によっては面白い奴だと気に入られたりしますし、ある物事について気があってしまったりしたら、またそういう世界観価値観の人と話したいとそんなことになるわけですから。

いまの吉田さんや田村さんがもこっちを友人として受け入れるかどうかはわからないですけど、これからいろんな付き合いが生まれますからね。

さて、うっちー。うっちーかわいいです。③でうっちーがどう描かれるか、それが最大の関心であったわけですから個人的に。

うっちーのお部屋大公開ということで、なんなんだろうこの可愛さ。デスク周りに等身大の女子高生を感じます。女子力とかそういうのではなく、好きなものを全部詰め込んだようなプライベート空間。

ゆうちゃんの女の子さっていうのは、女子力って感じがするんですよね。ふわっとしているというか。ライト姉妹の奏愛ちゃんのお家のインテリアとか、部屋着とか、そういった谷川ニコ先生の少女趣味は大好きなので、ゆうちゃんはこれからもそういう雰囲気であってほしいと思うところです。

でもそんな可愛い等身大の女の子のデスクでうんこのチョコが……。やはり谷川ニコ先生、本物ですね。ぱくってたべる横顔から「キモあまい!」って。名言すぎでしょう!いちじきちょっとシリアスな方向にもいって、名言の頻度がさがっていたように感じましたが、ガチレズさんマジでガチレズなの?みたいな強さのある名言、いや、キモあまいは上位3位に入るぐらいのインパクトのある名言と感じます。

震えながらもう一口、チョコを口に含んでしまったうっちーは、とうとう魂のレベルで引き返せないところまできてしまったのだと、そう思いました。

ワタモテ京都編MAP

ワタモテの京都編、大雑把なマップを作成しました。

この順番を辿ると、二日目の班行動のもこっちを追いかけることができます。

それにしても清水寺から一度北にある金閣寺を訪れ、その後また南に進んで伏見稲荷大社へいくという面倒な遠回りをしています。

なぜこのルートを選んだか?

白いもこっち「稲荷山山頂で、夕暮れ時の京都を見せたかったんだよ」

黒いもこっち「伏見稲荷からなら怪しまれずに京アニショップ!へ行けるだろ」

どちらも本当のことかもしれません。

ワタモテにより京都が再評価されようとしています。

嘘です。

個人的には谷川先生が取材のために宿泊されたという猫が自由に行き来する旅館、藤家旅館に泊まってみたいです。

もし京都へ行くなら、これらスポットに行くと、ああここでもこっちが吉田さんを怒らせたのかと感慨に浸ることができます。

私モテWiki作ってみた

私モテWikiで行った初期の作業の記録です。手前味噌な記事です、と前もってお断りしておきます。

作ってみたと言っても、テンプレートや入れ物だけを作っただけなので、本来はサイトを保守運営してもらっているもこっちを見守る会運営のモコニマスさんが作られたものです。

このTweetをした理由としては、智子のクラスメイトについてわかりやすく一覧して、人のつながりなどがみられるといいなと思ったところからでした。登場人物が増えて、どこに誰がいるのか、って結構大事に思ったからです。

それであれば、誰にでも自由に追記編集でき、相互の記事のリンクに適したWikiが最適では?ということで、無理やりもこっちを見守る会さんを巻き込んで、とりあえずWikiシステムを導入してもらいました。

採用したのはDokuWikiというものです。DokuWikiの良いところはデータベースが一切不要という点です。簡単が一番。

ではまず、と言ったところで登場人物のリストアップから。私モテWikiという名前のドキュメント

https://docs.google.com/document/d/196mUapjMMLddb_L9IwhdCI1_2ZzCW4gtC2KoLogXaM8/edit?usp=sharing

このようなドキュメントを作って初登場回などをリストアップしていきました。

登場人物リストアップから初期人物テンプレート考案まで3日ほどでやっています。全巻を1から読んでいってドキュメントに記していく作業です。この頃がやる気も効率も最大だったかなと思います。

その時点で50人超の登場人物、あとは当時刊行済みの10巻までの話数のシートも作ってしまおうということでワタモテ話数ベースシート

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1HIgwP6iWQpy-innmvhcRDZU8_lNg6nYKbJ_HuvIMUos/edit?usp=sharing

このようなシートで8日ほど作業しました。

あとは1列ずつ、Wikiに新しく起こしたページにコピペをしていくだけです。そのコピペで2週間ぐらい、週末作業しました。

人物のわかりやすくするための画像引用も並列で行いました。Macの自動化のソフトが結構便利だった。

およそ60人の登場人物(ネタ込み)と98編のストーリー。あとは相互に結びつける一覧表など、これを作ってひとまず公開ということになりました。

基本情報の部分は各キャラクターに共通で使えるテンプレートをと考え、最低限のものにしていましたが、モコニマスさんのおかげでアニメ版の声優と、キャラクター名の元になった野球選手という素晴らしい項目を付け加えていただきました。

およそ20日、モコニマスさんにも色々助けてもらいました。

まだまだ未完成というか、Wikiはその性質上永遠に未完成です。

およそ20日で作れたものは中身の乏しいものでしたが、今後の追記によってより資料性や完成度の高いものになってくれると、これらの努力が報われるなと思います。編集のご協力、お待ちしております。

 

素敵なTweet集3

Twitterで拝見した素敵なTweetへのリンクです。

 

素敵なTweet集2

Twitterで出会った素敵なTweetへのリンクです。

素敵なTweet集1

Twitterで拝見した素敵なTweetへのリンクを貼り付けてみます。Twitter素晴らしいです。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!を何と呼ぶ?

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!ってどう省略するのか?

私モテ?ワタモテ?わたもて?わたモテ?

私はワタモテですが、一番メジャーなのはどれなのかなというのをGoogle TrendというWEBサービスで調べてみました。

Google TrendとはGoogleの検索数を比較するためのWEBサービスです。

では早速答えから見ていきましょう。

スクリーンショット 2017-04-16 22.19.14.png

上にどの色のグラフがどのキーワードかを表示していますが、赤の「私モテ」が圧倒的ですね。

その後も比率的には同じぐらいです、私モテの2016年後半からの謎のピークはノイズなので気にしないでください。

アニメ放映当時のピークではどれぐらいの比率だったかというと、

スクリーンショット 2017-04-16 22.22.17.png

ということです。原題よりも私モテが大きいことになります。

私の好きな「ワタモテ」なんて小さなボリュームですね。

Google トレンドで「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い, 私モテ, ワタモテ, わたもて, わたモテ – すべての国、過去 5 年間」の 人気度の動向 を見る – https://g.co/trends/8kdxz

こちらでWEBサイトを直接ご覧になれます。

これぐらいで終わってしまうには惜しい話題です。すごく心動かされる発見をしてしまいました。

スクリーンショット 2017-04-16 22.31.20.png

新たに追加されたこの紫の大きく持続的なボリュームの検索キーワードは何でしょうか。

watamote です。

スクリーンショット 2017-04-16 22.32.55.png

主にこれらの地域でwatamoteは検索されています。

海外で愛され続けるwatamoteを実感することができます。